女1

34歳で金融機関にてフルタイムのパートとして働きに出ています。
共働きで主人は22時過ぎの帰宅ですので育児はほとんど一人でしています。子どもは3歳と1歳の2人です。

主人は毎日22時過ぎの帰宅ですので必然的にワンオペ育児となります。仕事は頑張ってくれているのでありがたいことですが、毎週末に必ず飲み会があります。

「付き合いだから…本当は行きたくないんだよ!」と主人は言っていますが「行きたくないなら断れよ!飲み会に行く時間があるなら育児を手伝ってくれよ!」というのが本音です。

 

飲み会は深夜の帰宅になるので、翌朝は昼前まで寝ていますし、日中も二日酔いの影響で身体がしんどいのかゴロゴロしているだけです。私は平日も休日も一人で子どもの相手をしないといけないのでストレスが溜まりまくりです。

 

たまに子どもと遊んでくれても、普段遊んでいないので子どもの好みや遊び方が分からずに、すぐに子どもを泣かしています。「余計な仕事を増やすな!」と怒り爆発です。

自分自身の体調不良には細心の注意を払う

子どもをお風呂に入れるのに一苦労します。とにかく子どもが溺れないように、子どもが風邪をひかないようにと、気をつけないといけないことが多くあって、自分自身がゆっくりお風呂に浸かることなんてできませんし、リラックスもしません。

 

更に子どもたちがシャンプーやボディーソープで遊ぶのが大好きなので「もったいないからやめて!」と毎日のように怒鳴っています。

子どもが体調不良の時、さらにその風邪が私にもうつって自分も体調が悪いのに子どもの看病をしないといけない時は地獄のようです。

 

子どもの病気って大人にうつると重症化するんですよね。自分は体調が悪かったら何も食べなくてもいいですし、即席麺でも良いのですが子どもはそういう訳にはいきません。体調が悪い中、おかゆや消化の良いうどんなどを作らなくてはなりません。

 

子どもは体調不良の時には、さらにワガママになったり甘えん坊になったりするので、自分も体調不良で体力が低下している中で、子どもたちの要望に応えるのは非常にキツイです。

無理しないことが大切。テレビやYouTubeに頼ることに罪悪感を感じないで

冬場にお風呂を入れる時は、入る5分前くらいに浴槽の蓋を開けてお風呂場を温めるようにしています。

 

そして、子どもたちを入れる前に自分の髪の毛と身体を先に洗ってしまいます。自分のことが終わったら上の子を呼んで先に上の子の髪の毛、身体を洗い終わらせて先にお風呂に入れておきます。

 

その後、下の子の服を脱がせて下の子の髪の毛と身体を洗います。最後は皆でお風呂に入って数を数えてあがるようにしています。パジャマはボタンではなく頭からかぶるものを用意して上の子が一人でも着れるようにしています。上の子が少しでも自分でしてくれると助かりますからね。

 

普段はテレビやYouTubeは時間を決めて少しだけ見せるようにしていますが、体調不良の時は制限をせずにテレビやYouTubeに頼るようにしています。

 

子どもたちが大人しく見てくれると、私もゆっくりできますし体力の温存ができます。本当に無理なときは自分の両親に頼ってお手伝いに来てもらっています。少しの間ですが一人でゆっくりと横になると身体が楽になります。

工夫や手抜きは絶対必要。そうしないとワンオペ育児を乗り切れません!

一人で頑張りすぎないことが何より大切だと思います。

 

ワンオペ育児はどうしても母親一人が頑張ってしまってストレスが溜まる傾向があります。子どもには手作りで栄養満点なご飯を食べさせてあげたいと思いますが、たまにはお惣菜を買ったり外食をしたりも良いのではないでしょうか。

 

私も二人目ができるまでは育児本通りの育児をしてきましたが、今では「保育園の給食でしっかり栄養とってるから大丈夫だよね」と手抜き料理やお惣菜に頼ることもよくあります。

 

料理を頑張っていた頃より、今のほうが良い意味で肩の力が抜けてストレスを溜めることなく育児ができているのではないかと思います。

 

少しでも自分一人の時間を作るのも良いでしょう。休日は、旦那さんに子どもを任せて買い物にいったり、お茶をしたりすると気分がリフレッシュしますし、旦那さんへの感謝の気持ちもうまれます。

 

母親だけど、ずっと子どもと一緒にいる必要はありません。子どももイライラしながら一緒にいる母親と、リフレッシュして優しく接してくれる母親なら絶対に後者の方が良いですしね。