女1

40歳で専業主婦で娘二人です。
主人は新聞記者のため、ほとんど家にいません。

両家の実家は遠くにあり、自分の母は祖父の介護のため全く頼れません。父は闘病中。姑も体が弱く、舅は仕事をしています。

 

我が家はワンオペ育児だけの大変さに加えて主人は、典型的な九州男児で全く家事、育児を手伝ってはくれません。ごみ出しも結婚して一度もしてくれたことがありません。運動会の時は、一人で場所取り、お弁当作り、テントを張ってへとへと。主人は、お昼頃少し見に来てお弁当を食べて帰っていきます。

 

子供が病気の際は、一人だけでは家においていけないので、二人とも病院に連れて行かねばならず、結局二人とも罹患してしまいます。私までインフルエンザになったときは、主人は感染を恐れて帰ってきてくれなくて泣くしかありませんでした。

 

週末も主人はいないので、一人で二人の子供を遊びにつれていくことばかりです。子供だけの写真だけで私と子供たちと写った写真がありません。

 

将来、娘たちの結婚式でプロフィール映像を作成してなぜ、子供だけの写真ばかりかをナレーションで入れて、パパが全く育児に参加しなかったことを暴露してやろうと思っています。

娘が緊急入院!そんな時も夫は全く関与せず・・・

ワンオぺの育児をしているで皆さんが経験するとおもうのですが、特に辛かった時は、二人の娘のうち一人が高熱をだし緊急入院をせざるを得なくなった時です。

主人は、出張中で不在だったんです。いたとしても、子供と長時間いるのは無理なので、あてにはならなかったのですが。感染症の疑いがあったこともあり、もう一人の子供は小児病棟には入れませんでした。

 

どうしようもなく、遠くに住む姉に助けをよびました。五時間後来てくれたのですが、その間に一人は高熱で意識がなくなり、もう一人は看護婦さんに頼んでこっそり病室にいさせてもらったので、動いたりしないように抱っこし続けていました。腕も腰もいたくて心が折れそうでした。

 

姉にも子供がいるので、長くは預けることができず、退院後タクシーを飛ばして迎えに行きました。

 

運動会もみんなが家族でわいわいお弁当を食べる中、三人でひっそり食べています。父親参観、祖父母参観も参加できないので私が行くのですが、わが子がほかの子をうらやましがると、切なくてたまらなくなります。

ワンオペ育児は、ママ友や地域との繋がりが大切

子供が二人いるので、そのうち一人だけ入院とかなった場合に困らないように、近所にたくさんママ友を作りをがんばりました。

 

ママ友さんたちの中でも、実家が遠く預け先がなくて困るワンオペ育児の人たちには積極的に預かってあげるようにしています。

 

そうして沢山預かったりしていることで、先方から『困ったときはいつでもいいよ』といってもらえるようになりました。

 

こうして緊急時に預かってもらえるところを確保しています。こうすることで、おなじ不満を抱えるママ通し愚痴を言いあえてストレスや孤独が大幅に軽減しているのを実感しています。

 

また、幼稚園、地域での役員を引き受けることにより、ママ友さんだけでなく地域の多くの大人とも親しくなりました。

 

どこにいっても老人会のおじいいさん、おばあさんがわが子たちにとっても優しくお声をかけてくださるようになりました。

 

ほかの子供さんたちと比べても、多くの方々が我が子にかかわってくださるようになったことで、父親や祖父母が来なくて寂しいといった感情が軽減されいるようです。

今思えば後悔。夫に辛い心情を伝えればよかった。

一人だと思うと、辛さが増すので、同じようにワンオペ育児をやっているお母さんたちと子育てサークルなどに通い仲良くなることをお勧めします。

 

同じ環境下で頑張っている人たちとは比較的気持ちが通じ会えることが多く、ストレスや孤独感から解放されることがあります。ただ、ママ友付き合いが逆にストレスを生むこともあるので、本当に気の合う人を上手に見つけてほしいと思います。

 

それから、いつも我慢せずに夫に辛いことをぶつけることが大事だったと今になり反省しています。

 

男の人は、はっきりいわないとわからないので、辛いことは辛い!とわかりわすく明確に伝えることをお勧めします。

 

たまりにたまって言うと感情的になりすぎて、夫が具体的にどうしたらいいかと考える機会とならず、ただただキレられた!と思わせてしまっては効果がありません。

 

あとは、思い切ってたまには実家に帰って子供を預けて美容室にいったり、友達と飲みに行ったりママになる前の自分に戻る時間を無理にでも作り出してみることです。なぜか無性にわが子が愛おしくてたまらなくなります。