女1

39歳専業主婦です。
主人、9歳長女、6歳長男、0歳次男の5人家族です。

主人は朝早く夜遅い仕事です。私と子供達が起きる頃には家を出て、子供達が寝てから帰ってきます。

 

そのため主人が仕事の日は私1人で育児をする、ワンオペ育児です。娘は小学生ですが、まだ持ち物や宿題の確認などが必要ですし、放課後遊びに行くときは暗いので迎えに行くこともあり、ほったらかすわけにはいきません。

 

長男は幼稚園ですので、バス停までの送り迎えはもちろんのこと、お弁当も作らなければならないし、まだまだかまってほしい年頃です。

 

次男は授乳、離乳食、寝かしつけでべったりです。子供達のお世話の間に家事をしなければならないので、朝起きたときから夜寝るまでほとんど動き続け、自分が寝るころには毎日ヘトヘトになっています。

特にお風呂が大変

主人が仕事の日はそのように私が育児を全てしているので、週に1,2日の休みに主人が次男のお世話をしようとしても、泣きやまないことが多く、私の仕事が減ることはありません。

 

また、長女の下校時間が早いときがあり、長男のお迎えの時間と重なり、家の前で待たせたりすることもあります。幼稚園と学校の行事が重なったり、長男を連れて学校の懇談に行くこともあり大変です。

 

子供3人の誰かが体調を崩すと、ほとんどと言っていいほど移し長引きます。やっと治った頃には疲れから自分が体調を崩します。

 

夜お風呂に入れるときが一日の中で一番疲れます。寒い冬でもほとんど裸の状態でウロウロしなければなりません。3階建ての家なので、階段を登って降りての繰り返し、お風呂が終わるころには私の身体は冷めています。

 

主人の母が近くに住んでいますが、あまり頼りにならなくて、手伝ってもらうことはほとんどありません。長女と長男を預かってもらったことはありますが、料理も好きではないみたいで、買ったものを食べさせてばっかりだったので、長時間お願いすることはなくなりました。

義母は頼りにならず。長女や近所のママさんを頼ってなんとかやりくり!

次男が主人に慣れてくれるように、休みの日はできるだけ次男に関わってもらうようにしました。

 

離乳食を食べさせたり、オムツを替えたり、抱っこしてお散歩に行ったり、お風呂に入れたり。私がした方が早くてスムーズにいくので、それまではついつい私がしてしまっていたので、意識して主人に任せるようにしました。

 

子供達の行事が重なってしまったときなどは、主人の母にお願いするよりは、ご近所のママさんに協力してもらうことにしています。

 

誰かが体調を崩したときは、できるだけひどくなる前に病院に行くようにしています。インフルエンザの予防接種は、もちろん家族全員で打ちますし、簡単なことですが、うがい手洗いはしつこいぐらいにさせています。

 

お風呂に入れるときは、長女に次男を抱っこしてもらって湯船に浸かってもらって、その間に私がパジャマを着ると寒い時間が少なくなりました。バスローブを着るのもいいと聞いたので、今度買ってみようと思っています。

 

主人の母に任せるときに、子供たちにお弁当を持たせていました。簡単にうどんでもいいのにそれもしない人なので、母に頼って自分が楽をするのはやめました。期待するのもやめると、気分は楽になりました。

ワンオペ育児のコツは、過度に期待しないこと。自分のできる範囲でやること

ワンオペ育児は本当に大変です。私はどちらかというと潔癖な方なので、掃除や片付けをサボるのもイライラしてきます。

 

掃除をサボって昼寝しましょう、などはよく聞きますが、私のようなタイプには向きません。昼寝しようと横になっても埃が気になって眠れません。

 

私と同じようなタイプの方は、落ち着く程度に家事はした方がいいと思います。それが気分転換になることもあります。ただ、思うようにできない日があったとしても、そんな日もあるよね、と諦めることも大事です。

 

私は1週間のうちに今日はここ、明日はここ、という風に1カ所は掃除する、と決めてこなしています。

 

それから、同じ境遇の友達と会ってお喋りをすると、理解し合えてスッキリします。自分だけじゃないんだと思えることで、気持ちが楽になります。

 

育児をしていると、世の中から自分だけが取り残されたような気持ちになります。そうじゃないと思えるだけでずいぶんと楽になるので、家にこもらず外に出てください。

 

そして、ムリなことを期待しないことです。主人が早く帰ってきてくれたら、主人の母がもっと孫の世話をしてくれたら、と期待して、してもらえないときが一番イライラします。過度な期待はよくありません。

 

ワンオペ育児を受け入れて、自分ができる範囲のことをしましょう。